OpenStreetMapインフラ基盤への基金募集拡大

先月から実施されているOpenStreetMapインフラ基盤への基金募集に対し、多くのかたからのご支援をいただいております。心より感謝申し上げます。この度、OpenStreetMap を支える主要インフラ基盤強化への機運が高まっていることをうけ、私達は基金募集期間の延長と対象額の拡大を行うことを決定しました。

拡大対象となる金額は £32,500 / $50,000 / 約500万円 です。この基金を活用し、OSM Operations Working Groupは新規サーバの購入、およびサーバのセットアップ資金への補填を行います。サーバ資源が増強されることによって、望むときにに確実に地図データを編集できる可用性を確保し、なおかつ、将来的にコミュニティの健全な成長を妨げるかもしれない門扉を解き放つことが可能となります。

基金への募金、あるいは私達への連絡はこちらから可能です。

基金の使途

フェイズ 1: 必要資金 £40,000 / $60,000 (達成済み!)

  • 信頼性とパフォーマンス向上のためデータベースのマスターサーバを1台追加
  • 新規の中央ファイルサーバへファイル容量追加

フェイズ 2: 必要資金 £32,500 / $50,000 (こちらへご協力をください!)

  • 経路探索サーバ (詳細は後日追加します)
  • 北アメリカのキャッシュサーバを増強、タイル呼び出し時間を短縮
  • 遠隔地バックアップを改良、災害発生時のOSM復旧を迅速化
  • 読み込み専用のデータベースサーバを追加、応答速度と信頼性を向上

データベースサーバという OpenStreetMap のインフラ基盤において最も重要なピースの改良は、直接みなさんのちからによって達成することが可能です。OpenStreetMap をより信頼性が高く強固なものとするため、そしてこれからも発展を続けられるものとするため、皆様のご協力をお願いいたします。

基金への募金、あるいは私達への連絡はこちらから可能です。

This post is also available in: 英語, ロシア語