Esri からの寄付

Esri はGIS 技術でのマーケットリーダです。そのソフトウェアは世界中の30万以上の組織で使われ、顧客はジオデータの価値を理解しています。そのために彼らは、もちろん OpenStreetMap に興味を持っています。我々は彼らがOSMをArcGIS onlineArcGIS Editor for OpenStreetMapにベースマップとして組み込んでいるのを知っています。ArcGIS Editor for OpenStreetMapはこのソフトウェアからユーザがOSMに投稿できるプラグインです。Esri は我々のカンファレンスのスポンサーでもあります。

そして本日、彼らからOpenStreetMapファウンデーションへのとても寛容な金銭的寄付に感謝します!

これはファウンデーションのファンディングを大きく加速し、我々の、世界中に自由なマップデータを作成、提供するOpenStreetMapプロジェクトを支援するという非営利のミッションを助けるでしょう。ここに大きな謝意を表します!

この寄付についての詳細は、きっと来週のカリフォルニア州パームスプリングで開かれるEsri開発者サミットで聞けるでしょう。OpenStreetMapの創設者である Steve Coast が3/27(火)に話します。

This post is also available in: 英語, オランダ語, フランス語, ロシア語