State of the Map 2021 ロゴデザイン公募開始

2020年、私達は史上初となるオンライン会議 “State of the Map” を開催しました。そして今年7月、バーチャル会議として “State of the Map 2021(SotM 2021)” が開催されます(日程は2月中旬に正式発表予定)。

その年の世界会議の精神と雰囲気を表現するロゴは、SotMの顔となります。私達はSotM 2021の新しいロゴを作成するため、コミュニティの中で最もクリエイティブな頭脳を持った方々からの協力を必要としています!

このロゴは、SotM 2021にとって重要な要素でもあります。このロゴは、SotM公式ウェブサイトのデザインや色、そしてOSMのすべてのプラットフォーム上での会議のコンテンツのスタイルを決定するための重要な要素となります。また、SotMの関連グッズ(Tシャツ、ステッカーなど)にも使用され、会議での最高の思い出を忘れられないものにします。

経験豊富なプロから、グラフィックデザインの初心者、愛好家まで、誰もが参加でき、オリジナルのアイデアをコミュニティで共有することができます!

コンテストのガイドライン

ロゴデザインは、以下を満たす必要があります:

  • オリジナルの作品であること
  • OpenStreetMap(OSM)、そしてバーチャルなState of the Map(SotM)に関連するものであること
  • 世界にひろがるコミュニティと、その核となる価値にフォーカスしていること
  • 理解が容易であること
  • オープンなライセンスを適用すること: CC BY SAなど
  • 2021年2月14日日曜日 23:59 UTCまでに提出されること

参加方法

ロゴ案として、PNG形式のデザインファイル、および拡大縮小が可能なファイル形式(PDFやSVGなど)を添付して、sotm@openstreetmap.org までメールでお送りください。 

入賞者選考

応募された作品は、SotMワーキンググループで審査され、投票により受賞ロゴを決定します。正式なロゴは、2月中旬のSotMミーティング後に発表されます。

インスピレーション

過去のSotMのロゴを参照ください。本件についてのご質問は、State of the Map Working Group sotm@openstreetmap.org まで、お気軽にお問い合わせください。

Do  you want to translate this and other blogposts in your language..? Please send an email to communication@osmfoundation.org with subject: Helping with translations in [your language]

State of the Mapカンファレンスは毎年開催されるOpenStreetMapの国際カンファレンスであり、OpenStreetMap Foundationによって運営されます。OpenStreetMap Foundationは英国に拠点を持つ、OpenStreetMapプロジェクトの支援を目的とする非営利組織です。OSMFは、誰もが利用し、共有することのできる自由な地理空間データの配布と開発、成長を推進することを目的としています。OpenStreetMap FoundationはOpenStreetMapプロジェクトのインフラを所有し、管理しており、OpenStreetMap Foundationにメンバーとして参加することでその支援を行うことが可能です。

State of the Map組織委員会は、私たちのボランティアによる作業部会の一つです。

OpenStreetMapは2004年に開始され現在も続いている、自由な世界地図を作成する国際プロジェクトです。世界地図を作成するため、私達、数千のボランティアは道路や河川、森林、建物などのデータを世界中で収集しています。私達の地図データは誰もがどのような目的でも – 商用利用も含めて利用することができ、無料でダウンロードすることができます。特定の地物を強調表示するような地図を作ったり、経路探索を構築したり、自身が好きな方法で利用することができます。OpenStreetMapは地図を極めて迅速に、そして簡単に更新することが求められる状況において、その利用を増やしています。

This post is also available in: 英語 スペイン語 ポーランド語