State of the Map 2016で発表してみませんか?

マッパーとは、同じ情熱を心に燃やしながら自身の周囲を見つめる人々のネットワークであり、OpenStreetMapを世界で一番の地図にしようと活動をしています。State of the Mapは、マッパーやプログラマー、実践家、起業家、そして行政に携わるひとも巻き込んで、地図を改良し、共に歩む機会を提供するものです。

OSMコミュニティでは、5月21日を締め切りとして、State of the Map 2016への発表公募を行っています

9697758710_dd64384a80_b

私たちは今年、地図を創り、強化し、昇華させるために活動するさまざまな参加者や団体の多様性を重要と感じています。こうした人々は、さまざまな使命を達成するためにオープンな地図が成し得るちからを認識しています。私たちはマッパー・コミュニティの成長にワクワクするとともに、新しい考え方をもたらし、交流を促進する発表講演を心から待ち望んでいます。

発表枠として用意されているのは、20分のトークセッション、5分のライトニングトーク、90分のワークショップで、OpenStreetMapの世界に関係し、楽しみながらみんなで次の一歩を踏み出すことに寄与する内容が求められます。公募締め切りは2016年5月21日です。

応募はこちらから

State of the Map 2016で、あなたのアイデアを聞けることを楽しみにしています!

State of the Map運営委員会

p.s. 以下のニュースレターに登録いただき、最新の情報をお届けさせてください

This post is also available in: 英語 オランダ語 フランス語 スペイン語