自動改訂が完了しました

この数週間、ライセンス変更用の改訂botが世界中のデータセットをきれいにしながら、自動的な改訂を進めてきました。地球全体が昨日カバーされたところです。この変更を行うために、ソフトウェアを開発し実行する実質的・技術的な努力が続けられました。完了までの期間がかなり不確実であったため、これは目覚しいマイルストーンであると言えます。その実現を支援した人々に、とりわけほとんどのコードを書いてくれたMatt Amos, Andy Allan, Gnonthgol そして Malte Kuhn にお祝いと感謝を捧げます。

現時点のOpenStreetMapデータベースのデータはほぼODbLを宣言できる状態にあるのですが、ライセンスはまだ切り替えられていません。その時期が近づいたらまた新たな記事で最新情報をお知らせします。

99%以上のデータが保持され、ほとんどの場所では、その差異はわずかに認められる程度です。しかし、改訂が集中している場所があり、特にポーランドやオーストラリアではそうです。我々はこのデータを保持することをもちろん選びましたし、オリジナル投稿者の判断を尊重し、過去に彼らがこのプロジェクトに参加してくれたことに感謝します。

幸い、こうしたエリアのOSMコミュニティの反応はめざましく、短期間に高品質のデータセットを取り戻せるだろうと信じています。OSMマッパーとして、もしあなたが衛星画像その他のリソースを使ったり、あるいは個人的な知識や調査から記憶などによって手助けしたい場合には、ぜひ参加してください。本質的に、マップにはいくつかの新しい空白地点が残され、みんながよくわかっていて大好きな手順で作業を進めることができます。お気に入りのマッピングテクニックを使って、歩きまわって、空白を埋めましょう。(注意:CC-BY-SAのデータセットや改訂前データのマップビューをコピーしてはいけません。他の非互換の著作権があるマップデータと同じように扱ってください。)我々はライセンス切替が行われるための最後の準備が行われている間、今やこのプロセスを誠実に開始することができます。

This post is also available in: 英語, ロシア語, スペイン語